首イボの原因と対処

首イボとは?

 

首イボ「脂漏性角化症」とも呼ばれる皮膚の良性腫瘍です。
老化現象の一つですが、早い人は20〜30代の若い世代でも出現し、
加齢とともに増え、80代はほとんどの人に見られる症状です。

 

首イボは、首だけでなく、腕・背中・など、

全身どこにでもできるのが特徴です。
始めは1〜2mm程度の小さなポツポツですが、
放っておくと、どんどん大きくなって数も増え、
自然に治ることはありません
放っておいても問題はありませんが、
見た目には美しくないため、その悩みは深刻です。

 

首イボができる主な原因は、加齢による肌の
ターンオーバーの乱れと紫外線の影響です。
紫外線を受けやすい顔にできやすいのは、そのせいです。
また、ストレスや睡眠不足などの生活習慣
遺伝的要因も、老人性イボの原因と考えられています。

 

首イボの色は皮膚の色・褐色・黒色などで、
形も平らなものから、盛り上がりもあるものなどさまざまです。
大きさが小さいうち、数が少ないうちなら、自宅でもケアができ
治療をする場合でも、簡単に取り除くことが可能なので、
首いぼがあらわれたときには早めの対策をとりましょう。

 

 

首イボを治す方法は?

首イボは顔や首、デコルテなどにできる小さなプツプツです。
いつの間にか出来ていて「そのうち無くなるだろう」と思っていたら
どんどん増えてしまい、大きくなっていたという経験をされた方も
多いのではないでしょうか。

 

首イボ良性の腫瘍なので、放っておいても問題は
ありませんが、見た目は決して良いものではありません。
大きくなってしまうと、一気に老けた印象にもなってしまいます。

 

首イボを治すには、病院で治療をするか、

自宅でケアをするかの二択になります。

 

病院で治療をする
皮膚科や美容皮膚科で、液体窒素炭酸ガスレーザー
による治療ができます。医師による治療なので安心ですが、
自費診療で高額だったり、通院の手間色素沈着などが
起こるなどのデメリットもあります。

 

自宅でケアをする
近年では、いぼに効果のある化粧品が多く販売されています。
病院で治療をするほどの即効性はありませんが、
自宅で空いた時間に毎日ケアができる、化粧品なので、
イボの改善だけではなく、美肌効果などの相乗効果がある、
コスパが良いなどのメリットもあります。

 

 

首イボクリームランキング【自宅で簡単にケア】

「艶つや習慣」

「艶つや習慣」について、ご紹介します。
「艶つや習慣」は、シリーズ販売類計60万個を突破、
自宅で簡単に、気になる首イボ
ケアができるオールインワンジェルです。

 

「艶つや習慣」の特徴は、美容成分が98%、
あんずエキス・ハトムギエキスを従来品の5倍配合
角質ケアとスキンケアが同時に行えます。

 

あんずエキス
脂肪酸「パルミトレイン酸」がバリア機能を高めます。

 

ハトムギエキス

いぼに効果が期待できる成分です。

 

プラセンタエキス
美肌には欠かせない美容成分です。

 

アロエベラ
保湿・保水効果が優れています。

 

ヒアルロン酸
1gで6リットルもの水分を保ちます。

 

「艶つや習慣」はこれ1つで、角質ケア・化粧水・乳液・
美容液・保湿の5役を果たします。

 

>>艶つや習慣 最安値はコチラ<<

 

 

「クリアポロン」

「クリアポロン」について、ご紹介します。
「クリアポロン」は、シリーズ販売100,000個を突破、
気になるポツポツ首イボに効果が期待できる、
オールインワン角質ジェルです。

 

いぼに効果が期待できる
Wヨクイニン・あんずエキス・ダーマヴェール

 

肌に透明感
ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・
アラントイン

 

肌にうるおい
コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミド・
スクワラン・トレハロース

 

年齢肌にアプローチ
オリゴペプチド・リンゴ果実培養細胞エキス・
プロテオグリカン

 

植物由来
アルテア根エキス・カミツレ花エキス・トウキンセンカ花エキス・
アロエエキス・キュウリ果実エキス

 

「クリアポロン」は、香料・着色料・パラベン・アルコール・鉱物油・
紫外線吸収剤は一切使用されていないので、敏感肌にもやさしく安心です。

 

>>クリアポロン 最安値はコチラ<<

 

 

「シルキースワン」

「シルキースワン」について、ご紹介します。
「シルキースワン」首ケア化粧品ランキング第1位
顔からボディまで使える、いぼケアジェルです。

 

「シルキースワン」の特徴は「落として浸透」の2ステップです。
特別キャンペーン中にプレゼントされる「ポロポロクリアジェル」
古い角質を洗い流し、美容成分がたっぷりの「シルキースワン」
パックすることで、気になる老人性イボにアプローチします。

 

ステップ1「ポロポロクリアジェル」
ハトムギオイル・あんずエキス・4つの植物発酵液

不要な角質を洗い流します
さらに、プラセンタ・セラミド・シルクなどの美容成分が
いぼケアだけでなく、くすみやシミにもアプローチします。

 

ステップ2「シルキースワン」
ハトムギ種子エキス・ヨクイニンエキス・杏仁オイル・
キハダ樹皮エキスの4種の濃厚なポロっと成分に、
スクワラン・ビタミンC誘導体・ダイズ種子エキス・
プラセンタエキス・コラーゲン・ヒアルロン酸など、
12の美容成分が配合されています。

 

>>シルキースワン 最安値はコチラ<<

 

 

 

「APRIAGEオイルS」

「APRIAGEオイルS」について、ご紹介します。
「APRIAGEオイルS」は、乾燥して敏感になった肌に
うるおいを与え、気になる首いぼのないふっくら肌に
導いていく、注目の美容オイルです。

 

「APRIAGEオイルS」は、もっとも優れた環境である
南フランス・ローヌ地方のアプリコット原種の実を厳選し、
杏子の種から得られる杏仁から絞り出されたオイルです。

 

杏仁オイル
若さの脂肪酸「パルミトレイン酸」をはじめ、
リノール酸・オレイン酸など、5種類の高級脂肪酸が、
肌の細胞を活性化します。

 

ホホバオイル
皮膚細胞をサポートします。

 

植物性スクワラン
固くなった皮膚を柔らかくしていきます。

 

キャロットオイル
βカロチンが皮膚を保護し、ハリのある肌へ導きます。

 

ヨクイニンエキス(ハトムギ)
イボケアには欠かせない成分です。

 

甘草エキス
肌荒れを防止します。

 

天然ビタミンE

 

「APRIAGEオイルS」は、天然オイルなので、肌への浸透力が高いのが特徴です。

 

>>APRIAGEオイルS 最安値はコチラ<<

 

 

「アンミオイル」

「アンミオイル」について、ご紹介します。
「アンミオイル」は、なかなか取れない、気になる首いぼ
根元からリセット、杏仁オイルの配合量が黄金比率70%
厳しい検査基準をクリアした上質なオイルのみを使用しています。

 

「アンミオイル」首いぼに効果が期待できるのは、
「天然のパルミトレイン酸」です。
パルミトレイン酸は、角質硬化で固くなった皮膚を
柔らかくし、根元からリセットします。
また、天然の脂肪酸が、首イボのケアだけではなく、

年齢を重ねた肌を柔らかくなめらかに導いていきます。

 

パルミトレイン酸
オレイン酸
リノール酸
ステアリン酸
パルミチン酸

 

さらに、杏仁オイルに加え、月見草油・ヨクイニンエキス・
ヨモギエキス・スクワランなどの豊富な美容成分
配合されています。

 

>>アンミオイル 最安値はコチラ<<

 

「ぽっつるん」

「ぽっつるん」について、ご紹介します。
「ぽっつるん」は、皮膚科医が開発した、イボ対策クリームです。
ガンコで気になる首イボに塗るだけで、
ハトムギエキスが直接アプローチ、いぼを包み込み
ケアするうちに、つるるん肌へと導きます。

 

「ぽっつるん」首イボに効果が期待できるのは、

2大有効成分が配合されているからです。

 

ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)
ヨクイニンとは、イネ科の1年草・ハトムギの皮を
除いた種から得られる成分で、たんぱく質・ビタミン・
鉄分・ビタミンB群など、栄養価が高く、健康促進や
美容効果に優れた成分です。
昔から、いぼに効果があることで知られています。

 

リピジュア
人工の細胞膜をつくれる素材で、保湿力に優れています。
保湿効果はヒアルロン酸の2倍、外部からの刺激から
肌を守る「バリア機能」を高めます

 

>>ぽっつるん 最安値はコチラ<<

 

 

首に出来るイボの種類を検証!

首にできるイボと一言でいっても、その種類はさまざまです。
自分は、どのタイプのイボなのかをしることは、
ケアや予防対策の上でとても重要です。

 

老人性いぼ(脂漏性角化症)
加齢とともにできやすくなる、良性のイボです。
顔など紫外線が当たる箇所にできやすく
始めは1〜2mmと小さく数も少ないのですが、

放っておくと大きくなり、数も増えていきます。

 

アクロコルドン
摩擦などが原因でできる、良性の腫瘍です。
首や胸などにできる細かいタイプイボで、
平らな状態で、肌色なのであまり目立ちません。

 

スキンダック
アクロコルドンよりも突起の部分が大きい
首にできやすいイボです。

 

軟性線維腫
首ではなく、体にできやすい良性のイボが大きく変化したものです。
単発で発症することが多く、1cmほどの大きさになることもあります。
年齢とともさらに大きくなる傾向にあるので、気になる方は早めの
除去をおすすめします。

 

懸垂性線維腫
軟性線維腫よりも大きく、垂れ下がってできた良性のイボです。
比較的大きなイボなので、気になる方は早めに除去されると良いでしょう。

 

イボに効くと言われる成分のまとめ

 

いぼに効果があるといわれている成分には、どのようなものが
あるのでしょうか?それぞれの成分についてまとめてみました。

 

ヨクイニン
古くからイボに効果があることで知られ、イボ取りの治療にも
使用されている、ハトムギの皮を除いた種から得られる成分です。

 

杏仁オイル
あんずの種の杏仁から抽出されたオイルです。
オレイン酸が豊富に含まれ、肌に馴染みやすいのが特徴です。
年齢とともに気になる乾燥を防ぎ、低下した代謝を高めます

 

ドクダミエキス
ドクダミの葉や茎から抽出した成分です。ドクダミは優れた

薬草として、古くから重宝されている植物です。

殺菌作用・抗酸化作用・解毒作用などがあります。

 

オウバクエキス
ミカン科のキハダの樹木から抽出されたエキスです。
皮膚炎・ニキビ・胃腸・腰痛などにも良いとされ、
古くから漢方薬としても使用されています。

 

サルチル酸
イボの外用薬にも配合されている、合成有機化合物です。
皮膚を柔軟にするので、硬くなったいぼに塗ると、角質が
剥がれやすくなります。

 

>>首イボ人気1位はコチラ<<